しくじり先生:「つくってあそぼ」ワクワクさんが授業 バラエティー出演NGにした“ビクビクさん”に

テレビ

 1990年~2013年の23年間にわたってNHK・Eテレの子供向け番組「つくってあそぼ」で活躍したワクワクさんが、12月9日放送の人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系、月曜深夜0時15分)に出演。「Eテレと民放の違いについていけずにバラエティー出演NGにしちゃったビクビクさん先生」として、授業を行う。

 「つくってあそぼ」放送終了後は、数々のバラエティー番組に出演し、現在は全国各地で工作イベントを開催しているほか、YouTuberとしても活躍している。しかし、2016年以降はほとんどバラエティー番組には出演していない。今回、ワクワクさんは、進学や転職など新天地で頑張る人々のため、ワクワクさんのようにNHKの教育番組から民放に進出する後進のタレントたちのために、自身のしくじりを語る決意をしたという。

 ワクワクさんの授業では実体験をもとに、民放のバラエティー番組の現場で直面した恐怖をテレビ初告白。Eテレと民放でのスケジュールと台本の違い、スタッフの性格、トークのスピードも全く違うと説明しながら、民放のディレクターにむちゃぶりされた“食レポ工作”を披露する。また、自身のしくじりから得た“人生の教訓”を工作で表現する一幕も。

 NHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」の「体操のお兄さん」で活躍した佐藤弘道さんが生徒役で出演するほか、「オードリー」の若林正恭さん、「平成ノブシコブシ」の吉村崇さん、「ハライチ」の澤部佑さん、井口綾子さん、「STU48」の瀧野由美子さんも出演する。

 同日深夜0時45分からのAbemaビデオでは、ワクワクさんの授業の完全版を配信する。オリジナル企画「お笑い研究部」は、「次世代女性バラエティータレントを考える」と題し、ライバル視し合う井口綾子さんと黒木ひかりさんが、次世代を担う女性タレントとしてさらなる活躍をするため、若林さんらと考える。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る