西川貴教:初朝ドラ「スカーレット」出演“秘話” ジョージ富士川役は「人知を超えた才能のにおい」意識

テレビ
NHKの連続テレビ小説「スカーレット」に世界的な芸術家のジョージ富士川役で出演している西川貴教さん (C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」で世界的な芸術家のジョージ富士川を演じている西川貴教さん。地元の滋賀県が舞台の「スカーレット」で朝ドラ初出演を果たした西川さんは、「ヒロインの喜美子(戸田さん)にとってジョージ富士川との出会いが転機となることもうかがい、そういった方を演じる機会なんて一生のうちで二度とないんじゃないかと思ったので、ぜひやらせていただこうと思いました」と振り返っている。役を演じるにあたり、「芸術的な部分や人知を超えた才能みたいなものを、どこかにおわせることができればと思っています」と明かす。そんな西川さんに話を聞いた。

 ◇チーフマネジャーが現れ「急きょ、返事を」

 「地元の滋賀県を舞台に選んでいただいたこと、そしてその作品に出演させていただく機会をいただけたことは、やはりうれしかったですね」と話す西川さん。出演の依頼を受けたときは、舞台の仕事で大阪にいた。普段あまり遠方の現場には来ないチーフマネジャーが現れ、西川さんは「何かトラブルがあったのか?」と思ったという。

 チーフマネジャーが持ってきた話とは「急きょ、返事をしないといけない案件」。すなわち「スカーレット」の出演オファーだったといい、「詳しく教えてもらったら。朝ドラの出演依頼だったんですね。僕は舞台の仕事は定期的にさせていただいておりますが、映像の仕事は本当に久しぶりでした。でも、ヒロインの喜美子にとってジョージ富士川との出会いが転機となることもうかがい、そういった方を演じる機会なんて一生のうちで二度とないんじゃないかと思ったので、ぜひやらせていただこうと思いました」と明かす。

 ◇金髪でライブも“役作りのため”と言えず、「結構心苦しかった」

 ジョージ富士川はこてこての大阪ことばと金髪がトレードマーク。「早く皆さんに、このジョージ富士川というキャラクターの説明をしたくて仕方なかったんです!」と声を弾ませる西川さんだったが、情報が解禁されるまでは、何の説明もできないまま、金髪でライブやイベントのステージに立ち続けた。

 当時を振り返り、「すごく皆さんびっくりされていたと思います」としみじみする西川さんは、「『役作りのためなんです』とは言えなかったので、早くこのジョージ富士川という役についての情報を世に送り出して『ああ、あの髪色と髪形はジョージのためやったんや』『朝ドラのためやったんや』『役作りやったんや』と思ってもらえるように説明したかったですね。『めっちゃ調子に乗ってるやん、あいつ!』と思われていたと思うので、結構心苦しかったです(笑い)」と語る。

 ◇ジョージ富士川、地元・滋賀県への思い…

 フランスの美術学校に留学経験を持つジョージ富士川は「自由は不自由やで!」が口癖だ。ヒロインの喜美子とは大阪で一瞬、交錯した。その後、信楽で思いがけない再会を果たすと、同地に新しい風を吹きこむに……。

 斬新なアートで時代を切り開いていく寵児(ちょうじ)であり、喜美子にもいろいろな刺激を与えるが、西川さんは「本人はいい意味で無頓着というか、外からどう見られているかをあまり気にしていない、だからこそ大阪ことばでがっつり気さくに話していくし、気取ったところもない」のがジョージ富士川で、「ただ、制作に入るとのめり込むような集中力があるなど、芸術的な部分や何か人知を超えた才能みたいなものを、どこかにおわせることができればと思っています。こんなにフレンドリーなのに、何か踏み込めない……といった雰囲気を感じていただけるような役作りができればと思いますね」と演技プランを明かす。

 西川さんは「滋賀ふるさと観光大使」を引き受けて11年になる。「朝ドラ出演については、地元の方が本当に喜んでくださる姿を感じていて、純粋にうれしいです。僕が出演するということ以上に、皆さんの喜ぶ姿を見ているのがすごくうれしいです。僕が作品や地元に寄与できることがあるのであれば、さらにうれしいです」といった思いもある。

 さらに「滋賀県が舞台の連続テレビ小説『スカーレット』。僕自身も滋賀県の代表でもありますが、この作品を通して、皆さんにもどんどん滋賀県の魅力も知ってもらいたいと思っています。ぜひとも『スカーレット』をお楽しみにご覧ください」とアピールしていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る