グランメゾン東京:“丹後”尾上菊之助の救世主っぷりに視聴者「アツい!!」と興奮 江藤の“改心”には…

連続ドラマ「グランメゾン東京」に出演した尾上菊之助さん
1 / 1
連続ドラマ「グランメゾン東京」に出演した尾上菊之助さん

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の最終回が12月29日、放送された。尾花夏樹(木村さん)や早見倫子(鈴木京香さん)たちの「グランメゾン東京」のピンチに、ライバル店「gaku」のシェフ・丹後学(尾上菊之助さん)が駆けつけたシーンに、SNSでは「丹後さーーーん!!」「救世主!!」「アツい!!」「カッコよすぎる!!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは「グランメゾン東京」と「gaku」がトレンド入りした。

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得するも、アレルギー食材混入事件によって、店も仲間もすべて失いどん底まで転落した尾花が、女性シェフの倫子と出会い、かつての仲間たちと東京で世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描いてきた。

 最終回となる第11話では、オーナーの江藤不三男(手塚とおるさん)が、丹後を解雇した「gaku」で、新シェフの結月(馬場徹さん)の傍若無人な振る舞いにより、丹後の下で働いていた柿谷光(大貫勇輔さん)たちがボイコット。従業員がいなくなり、結月も店を去ってぼうぜんとする江藤の前に、柿谷から連絡をもらったという丹後が現れ、「今度は俺が救ってやる」を手を差し伸べた。その後、ミシュランの調査員が「グランメゾン東京」に来店する日に、「和ぜり」を提供していた伝説のジビエハンターの峰岸剛志(石丸幹二さん)が渋滞に巻き込まれ、尾花たちは窮地に。そこへ、「和ぜり」を持った丹後が「グランメゾン東京」に現れる……という展開だった。

 丹後に「和ぜり」を届けるよう話したのは、これまで、「グランメゾン東京」に嫌がらせをしてきた江藤だったとことも判明。「グランメゾン東京が心配ですので……」と語る江藤の姿に、視聴者からは「江藤が改心した!」「江藤の支持率上がる」「最後は良い人になった」と感激する声も多く上がった。さらに、「gaku」がチーム一丸となって三つ星をとりに行こうとする姿には「チーム『gaku』最高!」「江藤オーナー&丹後シェフのタッグが戻ってきた!」「三つ星とらせて!」という声もあった。

テレビ 最新記事