吉川愛:アニメ好き&コスプレ願望を告白 コミケ経験も! 「恋はつづくよどこまでも」会見

テレビ
1月14日からスタートするドラマ「恋はつづくよどこまでも」の舞台あいさつに出席した女優の吉川愛さん

 女優の吉川愛さんが1月8日、東京都内で行われた1月14日からスタートするドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜10時)の舞台あいさつに登場。主演の上白石萌音さん演じる佐倉七瀬と同期の看護師・酒井結華役を演じる吉川さんは、ドラマのタイトルにちなんで続けていることを聞かれると、「アニメを見ること」と回答。「アニメが大好きで、昨年の2月ぐらいからなんですけど、好きになって。『化物語』や『鬼滅の刃』が好きです」とアニメ好きな一面を告白した。

 日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」にも行ったことがあるという吉川さんは、「コスプレしたいんです。コミケとかでできたら。もしかしたらインスタで(披露するかも)」と予告していた。

 吉川さん演じる結華は、大学の看護学科出身で新人ながら優秀。七瀬とは切磋琢磨(せっさたくま)する一方でライバル視しているという役どころ。自身との共通点を聞かれると、吉川さんは「(結華は)笑わないし、あんまりしゃべんないし、言う言葉もきついし……。全然違う」とコメント。役作りで努力したことについては、二つあるといい、「まず笑わないこと。優秀な看護師に見えることをがんばっている。YouTubeを見て」と明かしていた。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースに。念願かなって5年越しに再会した天堂浬(佐藤健さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。この日の舞台あいさつには、上白石さん、佐藤さん、毎熊克哉さん、お笑いコンビ「ミキ」の兄・昴生さん、渡邊圭祐さん、堀田真由さん、香里奈さんも出席した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る