麒麟がくる:今夜カウントダウン番組放送 長谷川博己、光秀役への「覚悟」語る

テレビ
1月18日放送の「カウントダウン大河ドラマ『麒麟がくる』」の出演者 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演で1月19日にスタートする、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の関連番組「カウントダウン大河ドラマ『麒麟がくる』」がNHK総合で1月18日午後6時5分から放送される。

 主人公・明智光秀役に挑む長谷川さんがその覚悟を語るほか、信長、秀吉、家康、戦国三英傑はもちろん、光秀の人生に影響を与える多彩な登場人物の人間模様とビジュアルを一挙紹介する。

 司会は講談師の神田松之丞さんと同局の桑子真帆アナウンサー。直木賞作家の安部龍太郎さん、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーさん、アイドルグループ「乃木坂46」の山崎怜奈さん、女優の紺野美沙子さんらがゲスト出演する。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマで、1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんによるオリジナル脚本。私怨により本能寺で織田信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀を、史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写する。NHK総合で日曜午後8時ほかで放送。初回は75分拡大。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る