シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。:第2話 一流大学の不正入試疑惑にシロクロ 第三者委員会にミスパンダが駆けつける

テレビ
連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第2話の場面写真=読売テレビ提供

 女優の清野菜名さんと俳優の横浜流星さんダブル主演の連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第2話が、1月19日に放送される。一流大学の学長が男に襲われる事件が発生。事件の背景にある不正入試疑惑にシロクロつける。

 東京誠立大学の学長・岸本が、3浪中の浪人生・赤嶺にナイフで襲われ、現場に居合わせた川田レン(清野さん)も、事件に巻き込まれる。記者会見で全日テレビに出入りしているフリーディレクター、神代(要潤さん)は、犯人の動機に学長の息子が合格点に達していなかったにもかかわらず、不正入試した疑惑と関係あるのではないかと追及。副学長の池渕は不正を認め、第三者委員会を設置して調査することを宣言する。

 森島直輝(横浜さん)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)から、不正入試問題にシロクロをつけるよう告げられた。全日テレビでは、神代と報道記者のあずさ(白石聖さん)が大学の不正入試問題を番組で取り上げることを提案していた。第三者委員会が開催される日、そこにミスパンダが駆けつける……。

 ドラマは、「ミスパンダ」ことレンと、レンを操る「飼育員さん」こと直輝の“最凶バディー”が、Mr.ノーコンプライアンスの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロをつけるオリジナル作品。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る