病室で念仏を唱えないでください:ムロツヨシの“ウザさ”に視聴者「絶妙に腹立つ!」 “イヤミ演技”に絶賛の声

テレビ
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演しているムロツヨシさん

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が1月24日に放送された。同話では、伊藤さん扮(ふん)する救命救急医の松本と、ムロツヨシさん演じる心臓血管外科医の濱田が口論するシーンが描かれ、SNSでは「濱田、ウゼー!」「絶妙に腹立つ」「めっちゃ嫌なやつ!」「言い方、ムカつくー!!」といった声が多数上がり、盛り上がった。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガが原作。あおば台病院救命救急センターを舞台に、僧侶でありながら救命救急医という「僧医」松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を1話完結型で描く。救命救急センター内での他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描かれる。

 第2話では、松本と医師の三宅涼子(中谷美紀さん)らが今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤(りゅう)のホームレスを受け入れる。松本は、濱田に応援を要請するが、濱田はホームレスだと知り手術を拒否。松本が手術をすることになるが、そこに濱田が現れ、背後から口出しをする。集中力を欠く松本は、濱田に「こじゅうとか! 手伝わないなら出て行け!」と一喝。

 その後、濱田が手術を手伝い、ホームレスは一命を取り留める。濱田に礼を言う松本だったが、濱田から「応急処置ってこういうことなんだって勉強になりました~」「ホームレスを助けたところでね……。生きる意欲の問題です」とイヤミたっぷりに言われ、「お金にならないからといって、野垂れ死にするのを黙って見ているわけにはいきません。全力を尽くして救うのが救急の仕事です」と応戦。すると、濱田は「全員を救うことはできませんよね。僕は生きる意欲のある人を助けたい。僕の技術を求めている人は日本中にいます。僕はそういう人のために技術を使いたい。松本先生が採算度外視でお仕事できるのは、我々が稼いで売り上げているからです!」と言い放つ……という展開が描かれた。

 冷めた目で松本を見る姿や語尾をのばしてイヤミったらしくせりふを吐くムロさんの演技に、視聴者から「性格悪い役が板についている!」「こういう役やらせたら天下一品!」「あくまでも褒めているが、ムロツヨシ嫌いになる(笑い)」と、絶賛する声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る