トップナイフ:第6話 “幻の自分”が見える患者が来院 クビにした“深山”天海祐希に復讐

テレビ
連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話が2月15日に放送される。リストラのうわさを耳にした幸子(広瀬アリスさん)は、自分のクビが切られるのではと戦々恐々。深山(天海さん)に取り入ろうとする。

 西郡(永山絢斗さん)は、幻の自分「ドッペルゲンガー」が見えるという患者・大澤卓司(山本浩司さん)を診察する。大澤は10年前まで、東都総合病院の脳外科にいた医師で、深山にクビを切られていた。西郡は、脳外科医への道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川(三浦友和さん)に真偽を確かめる。

 左手を切断した入院患者・原田保(笠松将さん)は、なくなったはずの腕に激痛を感じる「幻肢痛」に悩まされていた。元高校球児で、腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平さん)は、息子と同じ名前の原田を気にかける。そして大澤は、幻の自分に背中を押され、深山への復讐(ふくしゅう)を実行する。

 ドラマは、外科医の中でも一握りの「手術の天才」の集う脳外科が舞台。0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーと戦い、常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という最高の医師「トップナイフ」たちの抱える秘密などを巡る群像劇でもある。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る