ハムラアキラ:第5回 家出した女子高生の捜索のはずが殺人事件に!? たび重なる不運にシシド・カフカは…

テレビ
連続ドラマ「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」第5回の一場面 (C)NHK

 女優のシシド・カフカさん主演の連続ドラマ「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」(NHK総合、金曜午後10時)の第5回「悪いうさぎ X」が2月21日に放送される。たび重なる不運に見舞われ、探偵を辞めようとしていた葉村晶(シシド・カフカさん)だったが、先輩探偵の村木(池田成志さん)からの強引な誘いでリゾート会社の会長・滝沢(大鶴義丹さん)から新たな依頼を受けることになる。

 家出した彼の娘・美和(田中珠里さん)の行方を友人の女子高生・平ミチル(井頭愛海さん)から聞き出してほしいという、奇妙な依頼に戸惑う葉村だったが、ミチルと接触。なぜかミチルは挑戦的な態度を見せる。そんな中、ミチルの友人の女子高生・綾(小野花梨さん)が殺されるという事件が起きてしまい、この依頼がただ単なる家出人捜索ではない、と葉村は思い始める。

 ミステリー作家の若竹七海さんの20年以上にわたる「葉村晶シリーズ」初のテレビドラマ化。ハードボイルドな女探偵・葉村晶は、34歳独身でミステリー好き。生活は質素で、ワケありの転職、転居を十数回繰り返してきた。今はミステリー専門書店のバイト兼書店のオーナーが冗談で始めた「白熊探偵社」の調査員として働いている。何かと災難に巻き込まれる彼女を、人は面白がって「世界で最も不運な探偵」と呼ぶ。

 ドラマは「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」、この言葉を実践していく葉村晶の活躍を大胆にスタイリッシュに描く、新時代の「探偵物語」。「トクサツガガガ」「これは経費で落ちません!」などの話題作と同じ、「ドラマ10」枠での放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る