賀来賢人:「もっと上に」から「ワクワク」へ 主演作が続く現在の心境は…

連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」で主演を務める賀来賢人さん
1 / 5
連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」で主演を務める賀来賢人さん

 連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」(MBS・TBS)で主演を務めている俳優の賀来賢人さん。ドラマは、爪切男(つめ・きりお)さんの同名小説(扶桑社)が原作で、女性に振り回され続けたどうしようもない男の半生を描いている。幼くして母に捨てられた主人公・小野浩史役を演じている賀来さんに、役作りや役への共感、主演作が続く現在の心境などを聞いた。
 
 ◇“振り回される男”役は「新鮮だった」

 ドラマは、ウェブサイト「日刊SPA!」で掲載された連載エッセーを恋愛エピソードを中心に再構築した同名小説が原作。爪さんの実体験が基になっており、幼くして母に捨てられた男、小野浩史が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻していく、もの悲しくもユーモアあふれる物語だ。浩史を振り回す過激な女性、橋本アスカを山本舞香さんが演じ、監督はドラマ「アンナチュラル」「毒島ゆりこのせきらら日記」(ともにTBS系)などを演出した村尾嘉昭さんが務める。

 ドラマの監督を務める村尾さんとは10年来の付き合いといい、「監督とはいつか絶対一緒にもの作りをしようと思っていたので、うれしかったです」とオファー当時の気持ちを語る賀来さん。「原作を読んだとき『すごいストーリーだな』と思ったんですが、まさか実話だとは思わなくて。こんなとんでもない人生を送っていて、しかも、それを笑えるように面白く書ける人がいるんだな、と。面白いもの作りができるんじゃないかなと思いました」と撮影前を振り返る。

 演じる浩史は、過激な女性たちに振り回される男。賀来さんは、演じる上での共通言語は「まあいいか」と「どうせ俺なんて」だったという。「浩史はどれだけつらいことがあっても『まあいいか』と思えるし、『どうせ俺なんて』とちょっと卑屈で自信がない生き方をしてきた人でもある。そういうベースさえあれば、いつでも浩史に戻れるような感覚になっていました」と語る。基本的には受け芝居で「こういう役は初めてです」と賀来さんは明かす。「(これまでは)僕から仕掛ける役が多かったので、新鮮です。受け芝居も、すごく面白いです」と楽しんでいるようだ。

 ドラマについては「すごくリアル」と感じている。賀来さんは「普通の恋愛ドラマじゃ描かないところを描いているんです。浮気したり、風俗へ行って『おあいこだ』といったり、ある種、すごくリアルなんです。『男と女でこういうことがあったら、こうなるよな』と。僕にはその経験値がないので分からないですが、自然な流れで進んでいくので、想像することはできる。実話を基にした作品ならではで、行動の一つ一つに説得力があり、すごく面白いです」と語る。

 浩史を振り回すアスカ役の山本さんとの共演は、「アスカにしか見えない」と絶賛し、「『今までで一番やりたいと思える役がきた』と言っているぐらい、すごくキャラクターを理解して、愛してもいて、もうアスカにしか見えないんです。僕がちゃんと浩史としていれば成立するから、何のストレスもないです。アスカは、喜んでいるシーンの次に泣いているシーンを撮らなきゃいけなかったりでハードなんですが、そういうときの集中力はすごいです。器用に演じているのではなく、全身全霊で演じている感じです」と山本さんに対して全幅の信頼を寄せている。

 ◇多忙で「余裕がなくなってしまった」時期も…

 賀来さんは、今作を含めて、「今日から俺は!!」「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」など連ドラで主演作が続き、充実の日々を送っている。さまざまな作品に出演している中で、常に意識しているのは「固めない」ということだという。「なるべく柔軟に対応できるように、と。現場ではみんなに頼れるので、自分一人で考えすぎないようにしています」と心がけている。

 実は、多忙な日々を送る中で「忙しかったので、気持ちに余裕がなくなってしまった」ことがあったという。「前は、もっと上にもっと上に、と考えていたけど、いざ主演をやらせていただいて、自分が予想していなかった位置に来たら、ワクワク感というよりも『どうこれをキープするか』と、考えが保守的になってきたんです。それって、前にはなかったピュアじゃない感覚。前は楽しかったり、やりがいみたいなものの方が大きかったんです。そのときにいろいろ考えて、『もっと楽しいことがあるんじゃないか』と思ったんです」と振り返る。

 そんな時期を経て賀来さんが今、大事にしていることは「ワクワクする」という思いだ。「『自分がやりたいことをやりたい』と思えるようになりました。(時間は)限られているし、1年に何本出演できるか分からないので。この仕事は、ワクワクしなくなったらきつい。最近、ワクワクしてきましたね」と晴れやかな笑顔で今の心境を語った。

 ドラマはMBSで毎週日曜深夜0時50分から、TBSで毎週火曜深夜1時28分から放送。TBS放送後からはTSUTAYAプレミアムで見放題独占配信、TVer、MBS動画イズムで見逃し配信開始。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る