鈍色の箱の中で:久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩がそろってクランクアップ

テレビ
連続ドラマ「鈍色の箱の中で」の最終回の場面写真(C) テレビ朝日

 3月14日深夜に最終回が放送される連続ドラマ「鈍色(にびいろ)の箱の中で」(テレビ朝日、土曜深夜3時)がこのほど、クランクアップを迎えた。最後は、ドラマを象徴するマンションのエントランスで、久保田紗友さんと萩原利久さん、神尾楓珠さん、岡本夏美さん、望月歩さんの5人がそろっての撮影だった。

 監督から花束を受け取った久保田さんは、「毎日一緒にいて、本当の幼なじみのような存在でした!」とコメント。最年少で最初は緊張していたという望月さんは「あまり演じたことのない役で新鮮な毎日でした」と笑顔であいさつすると、岡本さんは「お芝居も待ち時間も楽しかったです!」と話した。

 また、萩原さんは「仲のいいチームでとても楽しかったです」と話し、最後に神尾さんが「このメンバーでできてよかったです!」とあいさつした。

 ドラマは、電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の篠原知宏さんのマンガが原作。ヒロインの桜井美羽(久保田さん)を中心に、辻内基秋(萩原さん)、真田利津(神尾さん)、高鳥あおい(岡本さん)、庄司悟(望月さん)という幼なじみ5人による“全員片思い”の切なく危険なラブストーリー。筧美和子さんらも出演。

 最終回は、姿が見えなくなっていた利津を屋上で見つけた美羽は、思い詰めて自暴自棄になった彼にキスをする。屋上に駆けつけてきた基秋は、その瞬間を目撃してしまう。そのころ悟は、ある事実をあおいから追及される。一方、美羽と利津のキスに動揺を隠せない基秋は、綾芽(筧さん)に呼び止められ、土曜日に集会室で「抱いてほしい」と懇願される。そんな中、美羽の発案で5人は、季節外れの花火をすることになる……という展開。

 最終回放送直後から、地上波放送版に比べて1.5倍の長さの「ディレクターズカット版」を動画配信サービス「ビデオパス」で配信する。地上波放送版とは違う、“もうひとつの”エンディングになるという。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る