清原翔:「アライブ」クランクアップで「生きる幸せを実感」 岡崎紗絵、小川紗良も

テレビ
連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のクランクアップを迎えた(左から)岡崎紗絵さん、清原翔さん、小川紗良さん(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)で、結城涼役の清原翔さん、夏樹奈海役の岡崎紗絵さん、佐倉莉子役の小川紗良さんがこのほど、クランクアップを迎えた。

 清原さんと小川さんのクランクアップは、第2話以来となる私服で登場するシーン。清原さんは、スタッフからの「オールアップです」というかけ声を聞くとガッツポーズ。サプライズで駆けつけた松下さんから花束を受け取り、「せりふが少なく、とても難しい役だと思っていましたが、最後まで楽しんで演じることができました。皆さんのおかげで『結城涼』が出来上がったと思います。今、このドラマのメッセージでもある、『生きる幸せ』を実感しています。ありがとうございました!」とあいさつした。

 小川さんも撮影を終え「莉子は最初、乳がんについての本を読んだりして不安を抱えていましたが、夢を持って恋もして民代(高畑淳子さん)と楽しくお話をして、とても豊かな時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました」とコメントした。

 岡崎さんの最後の撮影は、進路を決めて医師として歩み始めたシーンで、一人での撮影だったが、サプライズで花束を持った松下さんが駆けつけると、岡崎さんは「びっくり! うれしいです!」と喜び、「奈海は、小児科か腫瘍内科かと進路に悩みますが、私としては『すぐに腫瘍内科にします!』と言いたくなるくらい医局の雰囲気が大好きでした。私自身もお芝居の研修生のような気持ちで、先輩たちのもとでたくさん学ばせていただきました。充実した幸せな時間をありがとうございました!」と語った。

 ドラマは、がん治療のスペシャリストの腫瘍内科医・恩田心(松下さん)と、がんと闘う女医で有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃さん)の女医2人を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描く完全オリジナルドラマ。最終話は3月19日午後10時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る