麒麟がくる:第9回総合視聴率21.5%で好調維持 タイムシフト視聴は7.2%

テレビ
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演・長谷川博己さん

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の第9回「信長の失敗」(3月15日放送)の総合視聴率が21.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録したことが分かった。また録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴率は7.2%をマークするなど、好調を維持している。

 タイムシフト視聴率は、録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標、総合視聴率はリアルタイム視聴とタイムシフト視聴のいずれかでの視聴を示す指標のこと。重複視聴分は除かれる。なお第9回のリアルタイム(平均)視聴率は15.0%。同日午後6時から放送のNHK・BSプレミアムは5.0%と番組最高の数字だった。

 第9回「信長の失敗」は、輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈さん)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太さん)と顔を合わせる。奇妙ないでたちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味を持つ。

 信長の婚儀に上機嫌な父・信秀(高橋克典さん)と母・土田御前(檀れいさん)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら、自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。一方、美濃の光秀(長谷川博己さん)は後の正妻となる熙子(木村文乃さん)との再会を果たしていた……という展開だった。

 また同回では、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん扮(ふん)する菊丸の正体が、竹千代(徳川家康)の実母・於大とその実兄・水野信元に仕える「忍び」であることが明かされた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る