麒麟がくる:帰蝶が聞き出した“信秀の言葉” 信長役・染谷将太の見解は…

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第12回の一場面 信長(染谷将太さん)が帰蝶(川口春奈さん)から、信秀(高橋克典さん)の言葉を聞かされるシーン (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第12回「十兵衛の嫁」が4月5日に放送された。この日は、信長(染谷将太さん)が帰蝶(川口春奈さん)から、“父・信秀(高橋克典さん)の言葉”として、「信長はわしの若い頃にうり二つじゃ。まるで己を見ているようじゃ。それゆえ可愛い。尾張を任せる。強くなれと」と告げられるシーンが登場した。

 第12回では、織田と今川は和議を結ぶが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。自分の命がもう短いことを悟った信秀は、信長らを集めて織田家のこれからについて話し合う会議を開く。

 そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村了さん)に委ねるという言葉だった。失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする……と展開した。

 信長役の染谷さんは第12回放送後、ドラマの公式ツイッターでコメントを発表。「父から言われて何よりうれしい言葉を帰蝶が聞き出してくれた。“親から愛されていない”と孤独を感じていた信長には、救いの出来事でした。帰蝶には、政略結婚とはいえ、本能的に甘えられると直感しているのだと思います。唯一、信長が本音で話せる存在なのでしょうね」と語った。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る