麒麟がくる:本木“道三”「言葉は刃物ぞ」に反響 「今日の名言」「使わせていただきます」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第13回のワンシーン (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第13回「帰蝶のはかりごと」が4月12日に放送され、本木雅弘さん演じる斎藤道三が放った「言葉は刃物ぞ」が視聴者の注目を集めた。

 第13回では、暗殺を企てた土岐頼芸(尾美としのりさん)を攻めると息巻く道三(本木さん)。息子の高政(伊藤英明さん)は、戦になったときには実の父と慕う頼芸側につくと明言するも、飼っていた鷹(たか)を“何者”かに皆殺しにされ、恐れをなした頼芸は、早々に逃げ出してしまう。

 この所業に怒り狂った高政は、道三のもとへと乗り込むと、感情が高ぶるまま道三を「お前」呼ばわりしてしまう。しかし、道三は微動だにせず、瞳の奥に怪しい光を宿しながら「お前? 言葉は刃物ぞ。気をつけて使え!」とドスのきいた声で言い返す。

 SNSでは「『言葉は刃物ぞ。気をつけて使え』今日の名言」「『言葉は刃物ぞ、気をつけて使え』…良いせりふや」「『言葉は刃物ぞ、気をつけて使え』。一度使ってみたい言葉ぞw」「『言葉は刃物』、今の世の中にぐっさり刺さる言葉」「名言『言葉は刃物ぞ』は積極的に使っていきたい」「『言葉は刃物ぞ。気をつけて使え』←どこかで使わせていただきます」などと盛り上がりを見せた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る