コウノドリ:今夜、傑作選第2弾、シーズン1最終話放送 綾野剛たちが“妊婦”木南晴夏を救う

連続ドラマ「コウノドリ」傑作選「チームが起こす最後の奇跡」のワンシーン(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「コウノドリ」傑作選「チームが起こす最後の奇跡」のワンシーン(C)TBS

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系)傑作選の第2弾が4月17日午後10時から放送される。2015年放送のシーズン1と2017年放送のシーズン2の全21話の中から反響があった回を放送する傑作選。第2弾はシーズン1最終話「チームが起こす最後の奇跡」を放送する。

 入院中の妊婦・飯塚律子(木南晴夏さん)に異変が起こり、心肺停止に陥る。産科、新生児科、麻酔科、救命救急科がチームとなり、緊急手術する。母子の運命は?

 シングルファーザーの永井浩之(小栗旬さん)は、仕事と育児の両立に限界を感じていることをサクラ(綾野さん)に打ち明ける。一方、先天性疾患のある我が子を受け入れられない母親・森口亮子(奥貫薫さん)に、今橋貴之(大森南朋さん)が声をかける……。

 原作は鈴ノ木ユウさんの同名医療マンガ(講談社)。産婦人科を舞台に、医療だけでなく、赤ちゃんや妊婦、その家族にまつわるエピソードが描かれ、放送当時は感涙する視聴者が続出した。綾野さんは産婦人科医で天才ジャズピアニストという鴻鳥サクラ役を熱演し、話題となった。松岡茉優さん、吉田羊さん、坂口健太郎さん、星野源さんらも出演している。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事