明日のエール:5月11日 第31回 裕一、専属作曲家として仕事をスタートさせる

NHK連続テレビ小説「エール」第31回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「エール」第31回の一場面 (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第7週「夢の新婚生活」を放送。5月11日の第31回では……。

 福島の家族に反対されながらも東京に出てきた裕一(窪田さん)は、たまたま入った喫茶店「バンブー」で紹介してもらった家で、音(二階堂ふみさん)との新婚生活をスタートさせる。そして、コロンブスレコードの専属作曲家としての仕事をスタートさせる裕一。ディレクターの廿日市誉(古田新太さん)により、同期の作曲家・木枯正人(野田洋次郎さん)と一緒に職場を案内されると、早速、作曲を依頼される。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の音楽と共に生きる夫婦の物語。

 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」や、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」などを手がけた福島県出身の作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんと、その妻・金子(きんこ)さんがモデルで、男性主人公の朝ドラは2014年度後期の「マッサン」以来約6年ぶり。主題歌はボーカルグループ「GReeeeN」の書き下ろし曲「星影のエール」で、語り(ナレーション)は声優の津田健次郎さんが担当している。

 第6週「ふたりの決意」では、福島に戻ってきた裕一は、家族からの反対や留学の取り消しもあり、音との結婚と音楽への道、それぞれを諦めそうになる。その一方で音は、裕一を東京のレコード会社に売り込むと、福島までやってきて、裕一の音楽への情熱に再び火をともそうとする……という展開だった。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る