麒麟がくる:朝倉家家臣・山崎吉家役で榎木孝明が出演 「肝の据わった武将をイメージ」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に山崎吉家役で出演する榎木孝明さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)に、山崎吉家役で榎木孝明さんが出演することが5月18日、発表された。

 山崎吉家は越前・朝倉家の家臣で、朝倉家の重鎮である朝倉宗滴とともに活躍した。宗滴死後、信長との戦いが始まると、主に外交で重要な役割を果たす……という役どころだ。

 榎木さんは「山崎吉家は朝倉家に仕えた文武両道の武人で、外交にもたけた人物とありました。後は自分の中で自由に魅力的な人物像を作っていこうと思います。歴史はよく勝者の書き残した歴史とも言われますが、役者も役をいかようにでも膨らませていける強みがあります。サバイバルゲームのような下克上の戦国時代を必死で生きる、肝の据わった武将をイメージしています」とコメントしている。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

 5月17日の第18回「越前へ」から新章となる「越前編」がスタート。また、6月7日の第21回をもって一時放送休止となることが発表されている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る