いいね!光源氏くん:最後は多幸感に包まれ…「ロス」や「続編希望」も 制作統括は以前「ご要望が出てくれば」と…

テレビ
連続ドラマ「いいね!光源氏くん」最終回の一場面 (C)NHK

 俳優の千葉雄大さんと女優の伊藤沙莉さんが出演するNHK連続ドラマ「いいね!光源氏くん」(総合、土曜午後11時半)の最終回「最終絵巻『光くんばいばい?!』」が5月23日に放送された。最後は光源氏(千葉さん)と沙織(伊藤さん)の感動の再会で締めくくられ、SNSでは「ハッピーエンドで良かった」「多幸感がハンパなかった」「めっちゃ泣いた」「こんなすてきなドラマに出会えて感謝」といった感想が視聴者から書き込まれ、「あ~光源氏くんロスだわぁ」「もっと続きが見たい」「続編希望」といった声が次々と上がっていた。

 ドラマは、NHK「よるドラ」の第6弾で、えすとえむさんの同名マンガが原作。「源氏物語」の中で雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の異なる現代に出現。地味で自信がない今風のこじらせ会社員・藤原沙織が、ヒモ同然で住まわせることになる……という“イケメン居候コメディー”。

 最終回では、光源氏は沙織との気まずい空気を何とかしようと、中将(桐山漣さん)を誘って居酒屋で酒をともにする。源氏物語の平安の世界では、契りを交わした全ての女人を幸せにしたいと思っていた光だが、今は一人の女人だけを幸せにできればと思い直したことを中将に告げる。

 一方、沙織は光に「もう一緒には住めない」と告げ、その代わりに最後のデートを申し込む。2人で楽しい時間を過ごすも、やがて、沙織は多元宇宙論の研究者・フィリップ(厚切りジェイソンさん)に教えられた通り、光を源氏物語の世界に戻す方法を実践する。光がいなくなった現代で元の日常を過ごす沙織。しかし、花火の夜、沙織の前に現れたのは、なぜか光で……とストーリーは展開した。

 4月の放送スタートから、「いちいち面白い」「癒やされる」「キャスティングがいい」などと好評だった同作。一方で全8話という長さに対して「もっと見たい」という要望もファンから上がっていた。

 制作統括の管原浩さんは以前、「(全8話が)短いと感じられるのはある種、光栄ですが、なるべく原作のテイストを生かすために、大きく変えたり膨らませたりはしなかったので、8話に凝縮された感じを味わってもらえれば幸いです」としながら、「いわばSFファンタジーものですので、皆さんが最後まで見終わった後の感じが決め手かと思います。ラストまで見ていただいた上で、この先も見てみたいというご要望が出てくれば、制作者としてもご期待にそえるよう検討したいと思っています」と続編の可能性について触れていた。

 現状を踏まえると、クリアしなくてはならないハードルは多々あるように思えるが、劇中と同じく“光くんの帰還”を、気長に待ちたい。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る