麒麟がくる:“松平元康”風間俊介「桶狭間の戦い」“出陣拒否”語る 「ただただ腹立たしかった」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第21回の一場面 松平元康を演じる風間俊介さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第21回「決戦!桶狭間」が6月7日に放送された。「桶狭間の戦い」において、勝負の行方を左右するキーマンの一人として描かれた松平元康役の風間俊介さんは、三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し、「本日はここを一歩も動きませぬ!」と桶狭間への出陣を拒否したシーンについて、「どのような感情なのか、いろいろと考えながら現場に向かったのですが、その場で感じたのはシンプルな怒りでした」と明かした。

 さらに風間さんは、「それは三河を、そして、自分を軽んじられていることに対してなど、ひもとけばいろいろあるのでしょうが、ただただ腹立たしかったので、そのまま演じさせていただきました。晩年の家康ではそのような対応はしないでしょうが、若さ故なのだと思います」と振り返った。

 「桶狭間の戦い」を経て、元康にとって信長(染谷将太さん)は「どんな存在になったのか?」を聞くと、風間さんは「主君(今川義元)を討った敵であるのと同時に、母(於大の方)との再会をかなえ、三河を我が元に戻すきっかけを与えてくれた。幼き頃に慕っていたこともあり、一筋縄ではいかない思いですよね。尊敬と畏怖(いふ)、憎しみと親しみ、全てが混ざったまがまがしい存在になったと思います」と“変化”を語っていた。

 大河ドラマ枠では6月14日から特集番組「『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を3週にわたって放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る