麒麟がくる:愛之助“今川義元”「桶狭間の戦い」で散る! 瞳の中に毛利新介の姿…“最期の描写”が話題

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第21回の一場面 片岡愛之助さん演じる今川義元 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第21回「決戦!桶狭間」が6月7日に放送され、織田と今川が激突した「桶狭間の戦い」で今川義元(片岡愛之助さん)の壮絶な最期が描かれた。高く飛び上がった毛利新介(今井翼さん)から、槍(やり)で突き刺され、命を落とした義元。その死の直前、瞳にははっきりと自分に襲いかかる毛利の姿(VFXで表現)が映し出されていて、「今川義元の最期、すごい描写」「義元討ち取りシーンは名場面です!」「槍を構えて飛び上がった毛利新介が黒目いっぱいに映っていてゾッとした」「義元討つシーンは本当にすごかった。アニメの世界みたい」などと視聴者は感心していた。

 今回、討たれたものの、「東海最強の戦国大名」として、自ら刀を手に毛利ら襲いかかる織田軍の兵とやりあった義元。その勇ましい姿に対して、SNSでは「討たれた今川義元も圧巻な最期でした」「今川義元がまさに東海一の弓取りにふさわしい最期で良き」「義元最期のアクションシーンすごかった」といった声が上がったほか、「『麒麟がくる』の今川義元、まさに有能な武将だった」「今川義元公像をいい意味で変えてくれた愛之助さん、ありがとう」「愛之助さんの義元、本当に最高だった」「今年の今川義元公は、天下取れそうだったのに……」などとファンは退場を惜しんでいた。

 第21回は、今川から松平元康(風間俊介さん)を離反させる工作は失敗に終わるが、父・信秀の教えを思い出した織田信長(染谷将太さん)は、今川が本当にうわさされるような2万もの大軍であるのかを疑い、前線へ出陣する。

 局地戦を展開して、今川義元(愛之助さん)率いる本隊から、徐々に兵を引き離す作戦を決行する信長。一方の元康は、三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否する。そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされ、そこに織田の軍勢が襲いかかる……と展開した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る