浜辺美波&横浜流星:和装姿のビジュアル初解禁 W主演ドラマ「私たちはどうかしている」

テレビ
連続ドラマ「私たちはどうかしている」でダブル主演の浜辺美波さん(左)と横浜流星さん=日本テレビ提供

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める、今夏スタートの連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)のビジュアルが6月10日、初解禁された。ドラマは老舗和菓子屋を舞台とした作品で、爽やかな萌黄(もえぎ)色に、白や薄紅色の花をあしらった着物に身を包んだ浜辺さんと、紺の着物と羽織をまとった横浜さんの和装姿が写し出されている。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 3月に物語の舞台となる金沢市での撮影がスタートし、6月から撮影が再開された。公開された写真は合成して仕上げることになり、撮影には1人ずつ臨んだという。2人の関係が急接近するシーンの直後に撮影されたオフショットも公開された。

 和装の感想を聞かれた浜辺さんは「奇麗な着物が多くて楽しいです。姿勢や重心のかけ方で見え方が違うので、一つ一つ学んでいるところです」といい、横浜さんは「背筋も伸びるし、椿を演じるスイッチにもなっています」と語っている。

 互いの印象を聞かれた浜辺さんは「横浜さんは笑わないイメージがあって、怖いのかなと思ったら、そんなことなくて。意外と不器用なところもあって、でも頼れるお兄さんです!」と話し、横浜さんは「浜辺さんはおちゃめさもあり、でもしっかり自分を持っていて。そのさじ加減が絶妙で、七桜にピッタリだなと」とコメント。

 また浜辺さんは「ドキドキ、ハラハラ、切なくさせる、胸が騒がしくなるようなドラマにできたらと思います」、横浜さんは「和菓子や着物の美しい世界観の中で、ミステリアスなドロドロした愛憎劇もあります。全力を尽くしますので、ぜひご期待ください」とアピールしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る