エール:“ミュージックティーチャー”御手洗がいよいよ再登場へ “プリンス”久志と対決!

テレビ
「エール」第63回の一場面 御手洗清太郎を演じる古川雄大さん(左)と佐藤久志役で出演している山崎育三郎さん (C)NHK

 窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第63回(6月24日放送)に、古川雄大さん演じるトランスジェンダーの歌の先生・御手洗清太郎(みたらい・きよたろう)が再登場する。

 “ミュージックティーチャー”こと御手洗は、4月20日放送の第16回に初登場。音(二階堂ふみさん)から「先生」と呼ばれると、「先生はやめて!」と声を荒らげ、「ミュージックティーチャーと呼びなさい」と指示するなど、クセのあるキャラクターが視聴者の注目を集めた。その後は、音の「先生」呼びを、「ミュージックティーチャー」と言い直させようとする御手洗先生の言葉を「ミュージックティ」と途中でぶった切るのが“お約束”になっていた。

 また、4月30日放送の第24回では、子供の頃、自分のことを理解してもらえない学校の先生から「男なら男らしくしろ」と殴られ、「泥水を飲まされたこともあった」とつらい過去を告白。「先生」呼びをしつこく嫌う理由が語られ、視聴者をグッとさせた。

 そんな御手洗は第63回で、音と裕一(窪田さん)が暮らす古山家に突如、現れるという。また、御手洗は、山崎育三郎さん扮(ふん)する“プリンス”久志と歌手デビューを巡って火花を散らす予定。山崎さんは「実は久志と御手洗がにらみ合う場面は、古川くんとアドリブを交えながら演じている部分が多いんです」と打ち明け、「ミュージカルならではの立ち振る舞いを生かすことで、久志と御手洗の個性のぶつかり合いを、より面白い形で表現できたのではないかと思っています。ぜひ見ていただきたいですね」とアピールしていて、2人の対決に期待が高まる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る