MIU404:「アンナチュラル」「中学聖日記」Pに聞く 塚原あゆ子監督のこだわり

テレビ
俳優の綾野剛さんと星野源さんのダブル主演ドラマ「MIU404」の第1話のワンシーン(C)TBS

 6月26日にスタートする綾野剛さんと星野源さんダブル主演の連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(TBS系、金曜午後10時)。同局のヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)などを手がけた脚本家の野木亜紀子さんのオリジナル作品。「中学聖日記」(2018年)などの話題作を多く手がける新井順子プロデューサー(P)と塚原あゆ子監督が、野木さんと「アンナチュラル」(2018年)以来の再タッグを組むことでも注目を集めている。新井Pに、塚原監督の演出や、「MIU404」について聞いた。

 ◇役者への伝え方に工夫 印象的なカットにこだわりも

 塚原監督とは、「アンナチュラル」「中学聖日記」をはじめ、「夜行観覧車」(2013年)、「Nのために」(2014年)、「リバース」(2017年)など、数々の作品でタッグを組んできた新井P。視聴者の心に今でも残っている名作が多い印象だ。

 塚原監督の演出の特徴を聞いてみると、「キャストさんに対しては、セリフの言い回しとか、説明するときに、『もうちょっと大きな声で言ってください』とか『顔をあげてください』とかそういう感じでは言わなくて、心情で伝えるというか……」と表現する。

 役者側の気持ちを考えると、あまり“段取り”で言われてしまうと、「テンションが下がってしまう」。たとえば、「もう少し叫びたい衝動にかられたようなお芝居だったらどうでしょうか」「もうちょっと心が冷えた感じ」「自分の中で○○な感じで言ってほしい」などの伝え方を塚原監督はするのだという。

 「役者にある感情をあおるというか。『つまりどういうことを言っているかを、あなた感じてください』って感じに伝えるのが特徴的だなと思う」と分析。こうすることによって、役者自身もより役の気持ちを「考える」ようになるといい、役への理解が深まっていく。そして、役者の演技に、視聴者はより気持ちを揺さぶられるのではないだろうか。

 では、技術面ではどうか。先日まで特別編が放送された「中学聖日記」を例に挙げたい。同作では、美しい夕日や、魚眼レンズを使った撮影など、視聴者の印象に残るようなシーンがちりばめられていた。

 新井Pによると、塚原監督は「印象的なカットを撮ろうと努力される。現場もすごくこだわる」という。「『青々した田んぼに落ちる夕日を撮りたい!』と決めたら、それを撮るためにどうするかを考える。用水路のキラキラキラっとした反射した明かりや、流れる水を美しく撮ったり、雨をすごくきれいに撮ったり……」と明かす。結果的に、視聴者からも「『あのカットよかったですね』と言われる」といい、塚原監督の狙い通りとなっている。

 ◇綾野&星野のバディー「すごく魅力的」

 「MIU404」は、警察内部で“何でも屋”とやゆされながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルであるという架空の設定の臨時部隊「第4機動捜査隊」が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す、1話完結の刑事ドラマ。

 綾野さんは機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける伊吹藍(いぶき・あい)、星野さんは観察眼と社交力にたけているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事、志摩一未(しま・かずみ)を演じる。タイトルの「MIU」は、「Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)」の頭文字で、「404」は綾野さんと星野さんが演じる機動捜査隊員の2人を指すコールサインだという。

 6月20日に行われたライブ配信会見で、綾野さんは、ドラマの見どころは「バディー」と語り、「僕と源ちゃん(星野さん)の伊吹と志摩のバディーもそうなんですけど、(岡田健史さん演じる)九重と(橋本じゅんさん演じる)陣馬のバディー、そして、(麻生久美子さん演じる)隊長・桔梗を含めた(第4機動捜査隊の)5人の関係もバディー感でつながれていると思う。まずはバディーというところが大きな見どころだと思う」と話していた。

 新井Pも、「綾野さんと星野さんのバディーもすごく魅力的だし、どんどん関係性が変わっていって、毎週会いたくなるキャラクターになっているとは思う」と力を込める。綾野さんと星野さんが車内で繰り広げる軽快な会話劇や、豪快なカーアクションも注目ポイントとなっている。

 ◇米津玄師の主題歌は…

 さらに、ドラマの主題歌は、米津玄師さんが手がける「感電」で、ドラマの初回放送のエンディングで初公開される。米津さんとのタッグといえば、「アンナチュラル」で、主題歌「Lemon」のタイミングが絶妙と話題を集めたことも記憶に新しい。

 新井Pは、「『Lemon』のような楽曲を想像されている方もいるかもしれませんが、『感電』を聞くと、そうきたかー! とびっくりするかも」と話す。今回は、「“2020年の東京に朝日が昇る”そんな楽曲が欲しいとお願いしました」と明かし、「ああスッキリ! みたいな曲。(『アンナチュラル』での『Lemon』のような)“寄り添う”というよりは、“駆け抜ける”みたいな。とても良い感じです!」と表現する。

 最後に、新井Pは「とにかく楽しく見られて、元気になれる作品じゃないかなという気がしています。1時間なにも考えず、気楽に見てほしいなと思っています」と視聴者に呼びかけた。「MIU404」は6月26日スタートで、毎週金曜午後10時放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る