ハケンの品格:第5話 “東海林”大泉洋カムバック! しかし謝罪会見にまで追い込まれ… “春子”篠原涼子は?

テレビ
篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第5話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が、7月15日に放送される。予告動画では、「ついに天敵がカムバック」というテロップとともに、篠原さん演じる大前春子と、大泉洋さん演じる東海林武がやりとりする場面が登場。篠原さんのせりふ「このかれたまりもはいつまでここで油売っているんですか?」に、大泉さんが「俺はまりもじゃねぇ。地毛だ!」と応える音声も公開されている。

 東海林が13年ぶりに東京本社に戻った。大前春子が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。東海林は、北海道でおいしく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性たちのアンケートを持って帰ってきていた。

 しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに……。

 謝罪会見にまで追い込まれる東海林。アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅さん)は証拠隠滅のため処分を命じ……。東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎さん)は、それらがシュレッダーにかけられたと知ってがくぜんとする。

 そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされ……というストーリー。

 ドラマは、2007年に放送された同名ドラマの13年ぶりの続編。篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品で、令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る