エール:“ミュージックティーチャー”の次は“乃木大将” 次週解説を中村蒼が担当

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」に村野鉄男役で出演している中村蒼さん (C)NHK

 窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)の副音声付き再放送で、7月27日からの次週5週目(第25~30回)の解説を、中村蒼さんが村野鉄男として行うことが分かった。ドラマの公式ホームページや公式ツイッターで発表された。

 中村さん演じる村野鉄男は、主人公・古山裕一(窪田さん)の幼なじみ。けんかが強く、子供の頃は近所のガキ大将(愛称は乃木大将)だったが、一方で詩を愛する優しさを持っていて、裕一と再会後は交流を深め、作詞家を目指すようになる。

 副音声付き再放送は6月29日にスタートし、1週目(第1~6回)を佐藤久志(山崎育三郎さん)、2週目(第7~12回)を関内吟(松井玲奈さん)、3週目(第13~18回)を藤堂清晴(森山直太朗さん)が解説。現在放送中の4週目(第19~24回)は“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎(古川雄大さん)が解説している。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で、自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る