文音:長渕剛の娘が人生で一番面白かった“ナンパ文句”明かす 「言われたときはちょっとびっくりした」

映画
映画「いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~」の初日舞台あいさつに登場した文音さん

 長渕剛さんと志穂美悦子さんの長女で女優の文音さんが7月31日、東京都内で行われた主演映画「いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~」の初日舞台あいさつに、石田ニコルさん、真魚さん、永田琴監督と共に登場。本作を「女性の取り扱い説明書として見てほしい」と話す文音さんは、MCから「もしナンパOKだったら」と水を向けられると、「32年間生きてきた中での面白いナンパ文句は『天使が舞い降りてきたのかと思った』」と告白。「そう言われたときはちょっとびっくりしました」と感想を話すと、古風な表現に石田さんは「相手の方はおいくつですか(笑い)」と突っ込んで周囲を笑わせた。

 映画は、「白鳥麗子でございます!」などで知られる鈴木由美子さんがマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載していた同名マンガを実写化。バブル時代から現代へと設定を置き換え、恋愛や仕事、友情と山積みの問題を抱えるアラサー女子たちの姿を描く。

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている中、主演映画の初日を迎えたことについて、文音さんは、「いろんなことを考えて、今この時代にこういうものを出していいのかどうかというところまで考えました」と本音を吐露。

 さらに、「笑いは絶対必要だし、映画には女子が発するすごいエネルギーがぶつかり合うことで生まれる笑いがあり、ひたむきな女性の友情物語になったと思う」と言葉を続け、「幸せって人から与えられるものではなくて自分でつかみにいくものと改めて考えさせられた。見た人が笑ってすっきりして、プラスそういうことを少しでも考えてもらえたらうれしい。劇場に来てくださいとあまり言えない時代ですけど、もし興味があったらマスクしながら笑ってほしい」と呼びかけた。

 

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る