錦織圭:全米オープンテニスに向け「しっかり準備できている」 大坂なおみは「とてもエキサイト」

テレビ
全米オープンテニスに出場する錦織圭選手 写真:アフロ

 今年8月、新型コロナウイルス感染症の影響で中断されていたテニスツアーが約5カ月ぶりに再開され、テニスの4大大会(グランドスラム)の一つ、全米オープンテニスが8月31日、開幕する。WOWOWでは、9月14日まで連日独占生中継する。昨年10月に右肘を手術し、約1年ぶりの実戦となる錦織圭選手と、2018年の同大会で日本人初のグランドスラムシングルス制覇を成し遂げ、2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみ選手が出場。二人に意気込みなどを聞いた。

 ◇錦織圭選手

 --新型コロナウイルスの影響で約5カ月、ツアーが中断しました。改めて、中断の間どんな気持ちで過ごしてきたか、そして8月からツアーが再開することについてお気持ちを聞かせてください。

 大会がキャンセルになって5カ月がたちました。できるだけ自分のできることをやろうと思っています。この期間中にできることがたくさんありますし、体を一から鍛え直したり、自分のテニスを見直したりというところを心がけて、(大会が)なくなってしまったものはしょうがないので、今自分ができることに着目して日々できることをやっています。

 --全米は1年ぶりのグランドスラムとなりますが新型コロナウイルスの影響もあって、いつもと違った全米オープンになると思います。一つでも多く勝ち上がるために何が必要だと感じますか?

 去年の10月に手術をしてほぼ1年たちます。最後に大会に出たのが昨年の全米オープン(8月後半)なので、そこから試合に出ていない期間もほぼ1年です。やはりそこが一番復帰して難しいところなので、なるべく焦らず理想のプレーを目指していきたいです。まだいきなり100点のテニスはできないと思うので前回の手首の(負傷の)時も、自分の100点のテニスができるまで3~5カ月ぐらいはかかったので、まずは自分がテニスをできる楽しみを感じつつ、なるべく早くベストな状況に持っていきたいと思います。体の部分では、日々トレーニングができているので、問題ないかなと思います。ただ、いきなり試合になるので、プレッシャーがかかる舞台ですし、けがだったり痛みはついてくるとは思いますが、心をリラックスして臨みたいと思います。

 --ファンにツアー再開に向けた思いをメッセージとしてお願いします!

 もう少しで全米オープンが始まります。自分も目標に向けてしっかり準備はできているので、僕自身も楽しみに全米オープンに向かいたいと思います。現地で応援するのは、しばらくは難しいかもしれませんので、ぜひテレビの前で応援よろしくお願いします。いいテニスができるように頑張ります。

 ◇大坂なおみ選手

 --新型コロナウイルスの影響で約5カ月、ツアーが中断しました。改めて、中断の間どんな気持ちで過ごしてきたか、そして8月からツアーが再開することについてお気持ちを聞かせてください。

 この数カ月、テニスの試合がなかったので、落ち着かなかったけれど、でも、全米オープンを目標とすることは、とても良いスタートだと思います。テニスをしていなくても、他のいろんなことをやっていて、それは私にとってはとても大事なことでした。

 --全米オープンはあなたにとって特別な大会だと思います。大会への思いを聞かせてください。

 全米オープンに出場することについては、とてもエキサイトしています。開催されるとなると、いろんなことがどうなるのかは分からないですが、全米オープンは私の中では最も特別な思い出があるので、プレーするチャンスが得られることについては、とてもエキサイトしています。

 --ファンにツアー再開に向けた思いをメッセージとしてお願いします!

 見てくれている皆が、無事でいることを望んでいます。そして、番組を見てくれてありがとう。応援をありがとう。

 WOWOWでは、全米オープンの模様をWOWOWプライムとWOWOWライブで9月14日まで連日独占生中継。9月27日から開催の「全仏オープンテニス」も連日生中継する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る