私たちはどうかしている:“おかみ”観月ありさ、“七桜”浜辺美波に嫌がらせ 「怪演」「最高に怖い」と反響

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が、8月19日に放送された。観月ありささん演じる老舗和菓子屋のおかみ、高月今日子が、浜辺さん演じる七桜に嫌がらせする場面が登場。視聴者からは、「観月ありさ怪演」「観月ありさが最高に怖い」などの反響があった。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第2話では、七桜と今日子の闘いが勃発。今日子は大事な一人息子・椿の結婚式を破談にしたとして、七桜に光月庵から出て行くよう詰め寄り、2人の荷物の奪い合いに発展。しかし、七桜が持つ風呂敷の中には、大切な母との思い出の品が入っていて……と展開した。

 観月さんは、ドラマが始まる前に、今日子役について、「あの手この手で七桜を光月庵から追い出そうとしますので、毎回、視聴者の皆さまに『わあ出た!』『またすごいことしてる!』と、今日子を見るのが楽しみになっていただけるよう、パワー全開で演じていきたいと思っています!」と意気込みを語っていた。

 第1話の放送後にも、観月さん演じる今日子について、SNSには「悪役っぷりに圧倒」などの声が上がっていたが、今回も「観月ありさのおかみ素晴らしいなあ」「わたどうの観月ありささんすごい」などのコメントが並んだ。ツイッターでは、「#私たちはどうかしている」がトレンド2位になるなど、盛り上がりを見せていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る