私たちはどうかしている:横浜流星&浜辺美波の濃厚ラブシーンに反響 「色気すごすぎ」「直視できない」

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」第4話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第4話が、9月2日に放送された。冒頭から、浜辺さん演じる花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜さん演じる高月椿(たかつき・つばき)の濃厚ラブシーンが登場。SNSでは、「毎度毎度、色気すごすぎてもう直視できない」などの反響があった。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第4話は、一向に出て行こうとしない七桜にいら立ちを募らせる今日子(観月ありささん)は、さらなる嫌がらせにうって出る。そんな中、七桜は城島(高杉真宙さん)に実家の和菓子店の名物・わらび餅があるからと、部屋に誘われる。そこはかつて七桜が母・百合子(中村ゆりさん)と暮らした従業員用の住み込み部屋。懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近。そこに椿が現れて……というストーリーだった。

 冒頭のシーンでは、浜辺さんと横浜さんがキスをする姿などが映し出され、SNSでは「すっごい濃厚だった」「わたどうの破壊力。ヤバイって言葉以外に見つからない」「流星くんと美波ちゃんの色気に興奮」「この間より濃厚」「どんどん色気がやばくなっていく」「椿さんの色気たまらん」などの感想が書き込まれた。

 また、七桜が城島の部屋を訪れる場面では、城島が、椿の前で七桜を抱きしめ、「すいません、俺、七桜さんが好きなんです」と告白。椿は、怒りのあまり、城島の胸ぐらをつかんで……という展開に。SNSでは、「椿が本気に見えて怖かった」「高杉真宙が横浜流星に詰め寄られたときの、ギッとにらむ目力が良かった」など注目を集めていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る