おじさんはカワイイものがお好き。:桐山漣演じるカワイイ“ニュー鳴戸”に反響 「笑った」「ハマリすぎ」

テレビ
ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」に出演する俳優の桐山漣さん=読売テレビ提供

 俳優の眞島秀和さんの主演ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第4話が、9月3日に放送された。桐山漣さん演じる、小路(眞島さん)を一方的にライバル視し、すぐに突っかかる鳴戸渡が、“ニュー鳴戸”として、これまでに見せたことのない姿を見せた。視聴者からは、「ニュー鳴戸さんで笑った」「鳴戸さんの変わりよう」「鳴戸さんがめっちゃ可愛い回だった。きゅん」などの反響があった。

 ドラマは、ウェブマンガ誌「COMICポラリス」(フレックスコミックス)で連載中のツトムさんの同名マンガが原作。バツイチで容姿端麗、渋くて紳士的、仕事もできる“イケオジ”の営業部課長・小路三貴(おじ・みつたか、眞島さん)は、犬のキャラクター「パグ太郎」を癒やしとしている。見た目とのギャップがありすぎる秘密を、致命的な機密のように抱えて葛藤しながら生きる小路と、周囲の人間たちのやり取りを描く。全5話。

 桐山さん演じる鳴戸は、小路の隣の課の課長。前髪とメガネで表情が読みづらく、何かと誤解されがちで、部下たちからは“ワンレンメガネ”とやゆされている。実は猫が大好きで、猫なで声で「ネコチャァァン」と呼ぶ姿も登場する。

 第4話では、鳴戸が公園で猫と戯れる真純(藤原大祐さん)と会う。猫が寄ってくるハーフパンツがあると知り、2人は一緒に買い物へ……という展開が描かれた。真純という“友達”ができた鳴戸が、会社で笑顔で菓子を配ったり、小路に向かって「どうしたんです? 小路先輩!」と和やかな表情で語りかけたりする場面もあった。

 SNSには、「桐山漣くんの演技が光ってる」「振り切った演技がハマっていて面白い」「回を追うごとに鳴戸さん好きになって……」などの声が上がった。また、桐山さんが出演した「いいね!光源氏くん」を挙げて、「光源氏くんの中将殿といい、おじカワの鳴戸さんといい、ここ最近目にした桐山漣さんが役にはまりすぎていて、その人にしか見えない上にとてもいい味を出している」という意見もあった。

 また、ドラマは次回が最終回ということで、「次回最終回とか悲しい 続編希望!」「おじカワもう最終回!? もっと見ていたい」など、続編を希望する声も並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る