私たちはどうかしている:“大旦那”佐野史郎が“おかみ”観月ありさに詰め寄る! 第6話の“真っ向対立”シーン公開

テレビ
連続ドラマ「私たちはどうかしている」第6話のシーン写真=日本テレビ提供

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話(9月16日放送)のシーン写真が9月15日、公開された。「光月庵」の跡取りをめぐって、大旦那(佐野史郎さん)とおかみの今日子(観月ありささん)が対峙(たいじ)する場面で、大旦那が今日子に詰め寄る姿が写し出されている。

 第6話では、大旦那が主催する茶会が行われる中、今日子は大旦那の遺言書を始末しようと部屋をあさる。しかし、初座を終えた大旦那が部屋に現れ、椿(横浜さん)は樹(鈴木伸之さん)の本当の息子ではないのでは、と疑念をぶつける。それを聞いた今日子は、ついに積もり積もった恨みを吐き出す……と展開する。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件をめぐり、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る