極主夫道:第2話 “剛拳の虎”滝藤賢一が降臨! スイーツ対決に主婦の抗争… 続々とバトル勃発

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第2話の場面写真=読売テレビ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第2話が、10月18日に放送される。予告映像には「ライバル剛拳の虎現る!」というテロップと共に、龍(玉木さん)が虎二郎(滝藤賢一さん)と再会し、「仁義なきスイーツ対決」を繰り広げる姿が登場。一方「主婦の抗争勃発!?」という文言と共に“ケンカ祭り”が行われる様子も映し出されている。

 龍は、かつてのライバル・虎二郎と再会。虎二郎は“剛拳の虎”と呼ばれ、龍と双璧をなす伝説の極道だったが、今は刑務所から出所してクレープを売っていた。

 そんな中、龍は火竜町婦人会の会長・田中(MEGUMIさん)の誘いでフィットネスクラブに体験入会し、田中から隣町の水竜町婦人会の会長を紹介される。火竜町と水竜町は、近々開催される食イベントに出店することになっていたが、このイベントをめぐって、両婦人会の間にトラブルが発生。龍も婦人会同士の争いに巻き込まれ……。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る