35歳の少女:柴咲コウ “泣きじゃくり”に続き「声まで10歳」と反響 声の使い方に「うますぎる」「すごい」と視聴者驚き

テレビ
連続ドラマ「35歳の少女」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話が、10月17日に放送された。劇中で、心は10歳のままの“35歳の少女”・望美を演じる柴咲さんの演技に、視聴者からは「声も小さい子みたい」「柴咲コウの声が少女で刺さる」「柴咲さんの声、ちゃんと女の子……」「声のトーンもそのままの10歳だ……」「声まで10歳」と反響が寄せられた。

 ドラマは、遊川和彦さんの脚本で、「○○妻」のほか「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームによるオリジナル最新作。10歳時の1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(両親離婚後は時岡姓)の成長を描く。

 第2話で、望美は、初恋相手だった結人(坂口健太郎さん)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したものの、変わり果てた世界にまだなじめないでいた。母の多恵(鈴木保奈美さん)は、望美に自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう急(せ)かし、子供っぽい言動をしないよう言い聞かせる。

 そんな中、望美は自分が原因で家族がバラバラになってしまったことを知り心を痛める。かつてアナウンサーになることを夢見ていた望美は、事故直前までとりためていた古いカセットテープを聞き、あることを思い付いて結人に連絡する……というストーリーだった。

 柴咲さんの“10歳の声”に対し、「前回よりもずっと10歳になっている……声すら違う……」「声の使い方がうますぎる」「声の出し方すごい……」「どうやってあの声出してるの」「どこからあの声出てるの」とSNSには驚く視聴者の声が相次いだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る