麒麟がくる:長谷川博己“光秀” ついに歴史の表舞台へ! 上り詰めていくことで新たな苦悩も? 

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公・明智光秀を演じる長谷川博己さん

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)は、10月18日放送の第28回「新しき幕府」から「京~伏魔殿編」が本格的にスタートする。室町幕府の幕臣となる光秀役の長谷川さんは、「上り詰めていくことで新たな苦悩を抱えることにもなりますが、歴史の表舞台で奮闘する光秀にぜひご期待ください」と視聴者に呼びかけている。

 第28回は、足利義昭(滝藤賢一さん)がついに上洛(じょうらく)を果たし、勢いに乗った織田軍は、周囲の三好勢を一掃。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝(向井理さん)暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎さん)の処分を巡り、織田側と三淵(谷原章介さん)ら奉公衆の意見が割れる。

 義昭は信長(染谷将太さん)の意見に従うといい、その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎さん)に任せることを認めてほしいという。光秀と藤孝(眞島秀和さん)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える……というストーリー。

 長谷川さんは「約10年間、越前でくすぶっていた光秀が、一気に室町幕府の幕臣へと駆け上がりました。これまでは、誰かが決断をするときのアドバイスをすることが多かったのですが、これからは主体性を持って動き、自ら決断を下すことも多くなります。そういう光秀を演じられるのはやはり楽しいですね」と手応えを明かす。

 さらに「今後は、まず幕府の政所を任されている摂津晴門との対立が一つの見どころだと思います。鶴太郎さんが腹立たしいキャラクターを見事演じてくださっているので、摂津とのシーンはより魅力的になっていると思いますし、これからの展開もこれぞ、大河ドラマの醍醐味(だいごみ)という感じがして、ますます視聴者の方々に楽しんでもらえるのではないでしょうか」と語った。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る