七人の秘書:初回視聴率13.8%で2桁好発進 木村文乃主演×中園ミホ脚本の“痛快秘書ドラマ” 

テレビ
連続ドラマ「七人の秘書」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第1話が10月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2桁に乗せ、好発進した。

 「七人の秘書」は、表では東都銀行常務秘書として働くが、裏では副業として「人助け」を請け負う望月千代(木村さん)ら“影の軍団”が金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を変えていく姿を描く。

 他の“影の軍団”のメンバーは広瀬アリスさん、菜々緒さん、シム・ウンギョンさん、大島優子さん、室井滋さん、江口洋介さんがそれぞれ演じる。「ドクターX~外科医・大門未知子~」(同)、「ハケンの品格」(日本テレビ系)などで知られる中園ミホさんの脚本。

 第1話は、東都銀行の頭取が死去し、騒然となる中、千代田支店長の守谷正(山崎樹範さん)は、常務の安田英司(藤本隆宏さん)のために行っていた決算書の改ざん、不正融資が税務調査で目を付けられ、安田に窮状を訴えていた。だが、頭取昇格を目指す安田は耳を貸さず、証拠隠滅を強要。苦悩した守谷は衝動的に自殺を図る。

 守谷の自殺を間一髪で阻止した千代は、守谷をラーメン店「萬」に連れて行く。守谷は「自分が罪をかぶって消えるしかない」と語り始めたが、その後ろにはいつの間にかラーメンを食べながら話を聞いている“影の軍団”の姿があった。「そんなヤツは懲らしめてやりましょう!」と宣言し、状況が飲み込めない守谷にラーメンをおごって立ち去る秘書たち。悪を懲らしめるべく、秘書たちが動く……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る