花束みたいな恋をした:菅田将暉&有村架純が海辺で戯れる 2人の尊い日常を収めた場面写真解禁

映画
映画「花束みたいな恋をした」の場面写真  (C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会

 俳優の菅田将暉さんと女優の有村架純さんがダブル主演を務める映画「花束みたいな恋をした」(土井裕泰監督、2021年1月29日公開)の場面写真が11月11日、公開された。菅田さん扮(ふん)する山音麦と、有村さん演じる八谷絹が過ごした5年間の尊い日常が写し出されている。

 場面写真には、麦と絹が海辺で戯れながら写真を撮っているシーン、買い物帰りの麦と絹が並んで歩く様子、顔を寄せ合って一冊の本を楽しげに読んでいる麦と絹の姿などが収められている。

 菅田さんは撮影現場について、「有村さんと2人で無意識のうちに主演の負担を分け合って、余計な気を使わずにいられたし、雑談しているだけでいくらでも場が持つという幸せな現場でしたね」と語った。一方、有村さんも「絹と麦の距離感が失われたらもったいないと思ったので、『絶対に気を使わない!』と決めて、あえて距離を縮めました」とリラックスして現場に挑んだことを明かした。

 映画は、脚本家・坂元裕二さんが書き下ろしたオリジナル恋愛作品。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然出会った大学生の山音麦と八谷絹は、好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちる。2人は大学を卒業してフリーターをしながら同棲(どうせい)を始め、日々の現状維持を目標に就職活動を続けるが……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る