上川隆也:初共演の加藤シゲアキの落ち着きぶりを絶賛 「凪みたい」

テレビ
「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」の完成報告会に登場した(左から)岡田結実さん、上川隆也さん、加藤シゲアキさん

 俳優の上川隆也さんが11月13日、東京都内で行われた、WOWOWで22日から放送されるドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」の完成報告会に、共演の「NEWS」の加藤シゲアキさん、岡田結実さんと登場。上川さんは、今作が初共演という加藤さんについて「非常に理路整然とした思考のもとに役を構築されているのが、ありありと分かる。何の不安もなくご一緒できました」と絶賛。撮影以外の時間のたたずまいについても「凪(なぎ)みたいなたたずまい。どこも荒れていない」と説明し、「その落ち着き具合も含めて、安心感のある共演者、と感じることができました」と共演の感想を語っていた。

 加藤さんは、上川さんに落ち着き具合を称賛されると「たぶん存在感がないんですよ」と照れ笑い。上川さんとの共演については「大先輩の撮影に臨む姿勢は、大変勉強になりました。事前に資料をもらうんですけど、すごく読み込まれて現場に立っていらっしゃったり。自分の場面に関わるところじゃなくても、スタッフと話し合ったり、同じ共演者に提案したりされていて、すごく作品にかける思いを感じました」と語った。

 今作で、息子がストーカー殺人事件を引き起こしてしまう主人公の志賀倫成役を演じる上川さんは、岡田さん演じる被害者遺族の少女・星野奈々美に怒りの矛先を向けられる役どころといい、「日頃ほがらかな岡田さんのたたずまいは影を潜めていた」と説明。さらに「怖いぐらいでした、鬼気迫った感情のほとばしりというのは。それを感じれば感じるほど感心するんですよね、役者としては。『すごいなあ』と……。密度の高いシーンを作ってくださったと思います」と感嘆。それを聞いて岡田さんは照れつつ、「ありがたいですね……」と笑顔を浮かべていた。

 ドラマは、中山七里さんの同名小説(角川春樹事務所)が原作。上川さん演じる主人公の志賀は、順風満帆なジャーナリスト人生を歩む有名週刊誌の副編集長。ある日、大学生の一人息子がストーカー殺人事件を起こし、自ら命を絶つ。スクープを追う側だった志賀は、一転して、容疑者家族として追われ、世間からバッシングを受ける日々を過ごす。別の雑誌へと左遷され、妻との関係もうまくいかなくなった志賀は、ある少女との出会いをきっかけに、事件の真相に迫っていく……という内容。加藤さんは「週刊時流」編集部の若手記者・井波渉を演じている。

 「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」は11月22日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話。第1話は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る