極主夫道:“美久”川口春奈の“極妻化”に「お強い」「最恐説」 “江口”竹中直人&“雲雀”稲森いずみにお説教も

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第6話のワンシーン(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が11月15日に放送された。川口春奈さん演じる美久の“極妻化”に、視聴者からは「美久さんお強いw」「極道片っ端から従えてる(笑い)」「美久がいつの間にか姉さん」「美久ちゃん最恐説」といった声が上がった。

 ドラマは新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍(玉木さん)が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第6話では、美久が雅(志尊淳さん)がゆかり(玉城ティナさん)に思いを寄せていると知り、龍をはじめ、江口(竹中直人さん)や雲雀(稲森いずみさん)らと協力し、雅の初デートをサポート。しかし、場にそぐわないBGMやおかしなプレゼントなどが登場し、ムード作りは台無しに……。

 雅の初デート後、美久は龍、江口、雲雀に「ほんまにあんたら使えんヤツやのう」とダメ出しし、3人が「すいません」と頭を下げ弁解するも、「ガタガタ言い訳してんじゃないわよ!」と一喝。雲雀は思わず「こっわ……」とつぶやく……というストーリーだった。

 SNSでは、美久のお説教に対し「元極道の3人にお辞儀させる美久w」「美久に反省会でダメ出しされる皆さんw」「会長も姉さんもタジタジ」「美久が一番の極道」といったコメントも見られた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る