エール:津田健次郎が“一人吹き替え”で4役! 池田、裕一、久志、杉山を演じる  

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」第112回の一場面 (C)NHK

 俳優の窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の第112回が11月17日に放送され、ドラマの語りを担当する声優の津田健次郎さんが4役を演じる“一人吹き替え”シーンが登場した。

 第112回は、華(古川琴音さん)が東京の病院で働き始めて3年。看護の仕事にやりがいを感じて、仕事に頑張る華だったが、音(二階堂ふみさん)はそろそろ結婚のことも考えた方がいいのではと、24歳になった娘のことを心配する。一方、40代の裕一(窪田さん)は、元の机でラジオドラマの音楽を作り、別の机では歌謡曲を書き、もう一つの机で映画の主題歌や劇伴を書き、といった具合の人生で最も多忙な時期を送っていた……という展開だった。

 津田さんの“一人吹き替え”は「イヨマンテの夜」のヒットに関するエピソードを描くシーンで、「ここからは津田健次郎の『一人吹き替えでお楽しみください』」とのテロップも入った。

 津田さんは池田(北村有起哉さん)、裕一、久志(山崎育三郎さん)、杉山(加弥乃さん)の吹き替えを担当。自身もツイッターで「池田(cv.津田健次郎)、裕一(cv.津田健次郎)、久志(cv.津田健次郎)、杉山(cv.津田健次郎)。津田健次郎の一人吹き替えご覧いただきありがとうございました(笑)。キャストの皆様のディフォルメ芝居面白かった(笑)」とつづった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る