鎌倉殿の13人:小泉孝太郎が三谷幸喜作品初参加 偉大な清盛の後継者・宗盛「どのように描かれるのか」

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で平宗盛を演じる小泉孝太郎さん
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で平宗盛を演じる小泉孝太郎さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で平宗盛を演じることが決まった小泉孝太郎さんがコメントを発表。小泉さんは「三谷さんの作品は今回が初めてなのでとても楽しみです」と声を弾ませ、「主演の小栗君とは、天地人以来の共演ですし、(宗盛の父の)清盛を演じられる松平健さんとは、(2005年の大河ドラマ)『義経』のときにお会いしておりますが、お芝居では今回初めてなので、父と子の関係性でご一緒出来ることをとてもうれしく思います」と語った。

 また小泉さんは「僕が初めて大河ドラマにオファーをいただいた作品が『義経』でした。その時平宗盛は鶴見辰吾さんが演じられていました。偉大な清盛の後継者である、宗盛。二代目の苦悩、そして父親として家族への純粋な愛情を持っている宗盛の姿が印象的でした。宗盛は弱々しいイメージがある人物として描かれることが多いですが、今回の『鎌倉殿の13人』では、三谷さんにどのように描かれるのかとても楽しみにしております」と期待を寄せた。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る