ルパン三世 カリオストロの城:「あなたの心です」「今は、これが精いっぱい」 忘れられない名言の数々… “クラリス”島本須美の好きなせりふは…

映画 テレビ
「ルパン三世 カリオストロの城」の場面写真 原作:モンキー・パンチ (C)TMS

 アニメ「ルパン三世」シリーズ劇場版「ルパン三世 カリオストロの城」が、11月20日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、午後9時)で放送される。宮崎駿監督の長編アニメ初監督作としても知られ、1999年2月26日の放送では最高記録となる視聴率23.4%を記録した「不朽の名作」の見どころを紹介する。

 「ルパン三世 カリオストロの城」は1979年に公開された劇場版アニメ。ヨーロッパの小国・カリオストロ公国を舞台に、「幻の偽札」と呼ばれるゴート札の謎や美少女・クラリスとのドラマが描かれている。

 忘れてはいけないのは、グッとくる名言の数々だ。ラストシーンで銭形警部がクラリスに言う「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」を始め、幽閉されているクラリスを前にルパンが「今は、これが精いっぱい」と小さな花を出して見せるシーンなどが思い出される。

 なお、クラリスを演じた声優の島本須美さんは、2019年に行われた同作4D版の公開記念舞台あいさつで、好きなせりふとして、クラリスがルパンに「私も連れてって。泥棒はまだできないけど、きっと覚えます」と懇願するせりふを挙げている。

 一般的にルパン三世といえば、赤ジャケットを羽織っている印象が強いが、本作では緑ジャケットを着ている。宮崎監督もスタッフとして参加した、1971年から放送されたテレビアニメの第1シリーズでも、ルパンは緑ジャケットを着ており、本作が第1シリーズから連なる物語であることを想定させる。“宮崎ルパン”の集大成を改めて楽しみたい。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る