古川雄大:「極主夫道」でのコメディー演技に反響「顔芸さすが」「表情百変化」 「ミュージックティーチャー入ってる?」の声も

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第7話のワンシーン(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第7話が11月22日に放送された。酒井タツキ役の古川雄大さんのコメディー演技に、視聴者から「古川さんが面白すぎて声出して笑ってるw」「古川くんぶっ飛んでたw」「顔芸さすが」「表情百変化」「表情筋豊かすぎ」などと反響が上がった。

 ドラマは新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍(玉木さん)が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第7話では、美久(川口春奈さん)が大切にしている“ネポガ”ことネオポリスガールのフィギュアをうっかり壊してしまった龍と、美久と同じくネポガのオタクである警察官の酒井が、同じフィギュアを巡って“バトル”。互いに貯金生活に励み、やっとの思いでフィギュアを買いに向かった2人は店で鉢合わせるも、フィギュアは既に別の人に購入されてしまっていた。

 そこで、龍と酒井は協力してフィギュアを手に入れようと情報交換をすることに。そんな中、酒井はネポガのレアグッズを専門に扱う“幻のおもちゃ屋”の存在を知る。どこにあるかは明かされていないが、どうやらネポガの聖地にあるらしいという噂を聞き、龍と店をさがすべく聖地巡礼を始める……というストーリーだった。

 劇中では、酒井が大好きなアニメ「ネオポリスガール」の一場面を再現するなど“オタクぶり”を披露。SNSでは「ネポガポーズ最高」「変身キレキレで笑った」といった声のほか、NHK連続テレビ小説「エール」で古川さんが演じた“ミュージックティーチャー”にちなんで、「今日の酒井さん、ちょっとミュージックティみあった」「ちょっとミュージックティーチャー入ってる(笑い)?」「ちょくちょくミュージックティーチャー出てる」といったコメントも見られた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る