#リモラブ:“美々”波瑠&“青林”松下洸平の手つなぎに反響「ぐっときた」「尊すぎる」 手の大きさの違いに「キュン」の声も

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第7話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第7話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第7話が12月2日に放送された。劇中では、青林風一(松下洸平さん)が大桜美々(波瑠さん)の手を握るシーンが登場し、視聴者は「美々先生の手を握る青林好きでした……」「ぐっときた」「手つないだだけでキュン」「尊すぎる」「最高の手つなぎシーンだった」などと盛り上がった。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾。波瑠さん扮(ふん)する恋をさぼってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く物語で、美々が恋する相手は社内にいるという設定。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当する。

 第7話では、何とか相思相愛の仲になった美々と青林。しかし、朝鳴肇(及川光博さん)は、いまだにSNSで話す2人を「現実世界でないと愛は育たない」と心配していた。そんな中、出張のため新型ウイルスの検査を受けることになった青林は、「もし検査結果が陰性だったら」「僕と」と途中までの意味深なメッセージを美々に送る。「濃厚接触をしてください、そういうこと?」と美々は混乱。そして、濃厚接触の覚悟をして、出張帰りの青林を自宅に呼ぶ。

 美々の家にやって来た青林は、「言おう言おうと思ってたことがあって……」と切り出し、「検査結果が陰性だったら、僕と岩手に行きませんか? 僕の実家に行きませんか?」と提案する。美々が「『濃厚接触しませんか?』って言われるかと思ってました」と打ち明けると、青林は「男の人が皆、濃厚接触することがゴールだと思っているとしたら、そんなことないですよ」「手つないで寝るだけでめっちゃ幸せだったりする」と告白。その後、青林が美々の手を握る……というストーリーだった。

 “手つなぎシーン”では、美々と青林がベッドに並んで寝転び、美々が青林の手に触れようとすると、それに気づいた青林が手をぎゅっと握った。SNSでは「青林が美々先生の手を握りにいったのもすごく良かった」「美々先生が戸惑ってるのを察知してガッと自分から手をつなぎにいった青林、5億点」「美々先生が握りかけてやめようとした時に自分からつなぐ青林推せる」と反響を呼んだ。

 また、「美々先生と青林さんの手の大きさが違いすぎてびっくり」「手の大きさの違いがめちゃくちゃ良き」「手の大きさとか指の太さとか、そういうの含めてキュンキュンだった」といった声も上がった。

 9日に放送される第8話の予告映像は、「三つの恋 最終章へ」という文言と共に始まり、美々と青林、八木原大輝(高橋優斗さん)と乙牧栞(福地桃子さん)、朝鳴と富近の恋愛が展開する様子が映し出されている。さらに、「五文字の逆襲開始」というテロップも収められている。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る