麒麟がくる:明日放送第35回、石橋蓮司が初登場 変わり者の老公卿・三条西実澄に 藤吉郎の母も

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で三条西実澄を演じる石橋蓮司さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第35回「義昭、まよいの中で」が12月6日に放送される。同回では、石橋蓮司さん演じる三条西実澄(さんじょうにし・さねずみ)が初登場。大納言・三条西実澄は、学問好きで変わり者の老公卿(くぎょう)で、伊呂波太夫(尾野真千子さん)を通じて、光秀(長谷川さん)と正親町帝(おおぎまちてい、坂東玉三郎さん)の間を取り持つ。

 石橋さんはドラマの公式ホームページで、「またまた! 自分の不勉強で知らなかった、歴史上の実在の人物を演じることになった。ご子孫の方々が今もいらして、実澄はこんな人物ではなかったと言われないよう頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

 また同回には、銀粉蝶さん扮(ふん)する、藤吉郎(佐々木蔵之介さん)の母・なかも初登場する。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

 第35回は、藤吉郎から、信長(染谷将太さん)は将軍や幕府はもはやどうでもよく、帝や朝廷との関係ばかりを強化しようとしていることを聞き、不安に駆られる光秀。その一方で、摂津(片岡鶴太郎さん)率いる幕府内では、信長の力をそぐべく、その重臣である光秀を暗殺する計画が持ち上がる。

 数日後に開かれた将軍主催の茶会に招かれた光秀に、刺客たちの刃が襲いかかる。光秀は将軍・義昭(滝藤賢一さん)の元へ急ぐのだが……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る