Snow Man:岩本照、観客と久々対面し「一人ずつヨシヨシしたい気持ち」 9人で今年を振り返るあいうえお作文も 映画「滝沢歌舞伎 ZERO」初日舞台あいさつ

映画
映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の初日舞台あいさつに登壇した「Snow Man」(C)2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

 人気グループ「Snow Man」が12月4日、東京都内で行われた主演映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」(滝沢秀明監督)の初日舞台あいさつに登壇。この日、メンバーは久しぶりに観客と対面し、岩本照さんは「無事、初日に皆さんとお会いできたことが、心から本当にうれしいです。みんなを一人一人ヨシヨシしたい気持ちです」と喜びを語った。

 イベントではメンバーが、本作のタイトル「たきざわかぶきぜろ」の9文字で今年を振り返るあいうえお作文に挑戦。目黒蓮さんの「たくましく」から始まり、阿部亮平さんが「9人で乗り越えた」、佐久間大介さんが「座長を務めたSnow Manの晴れ舞台」と続けると客席からは拍手が起こった。

 しかしその後、渡辺翔太さんが「渡辺くんが」と回答すると、メンバーは「はあ? なんなの?」とツッコミ。渡辺さんは「いやいや、『渡辺くんが』に続いて次が『か』なら、もう言うことは一つしかないじゃない?」と話すと、次のラウールさんは「プレッシャーがすごいんですが……」と困りながらも「可愛すぎる件について」と、ちゃめっ気たっぷりに発表した。

 続く向井康二さんは「ぶっちゃけ」、宮舘涼太さんは「君が好きかどうか」、深澤辰哉さんは「絶対に好きだと思うけど」と披露。最後の岩本さんが「ロシア人は分からない」とオチを付けて締めくくる結果となり、見事なチームワークを発揮したSnow Manに大きな拍手が送られた。

 イベント終盤には、観客が当日会場で配布された特製のハート形うちわを一斉に掲げるというサプライズもあり、メンバーは「ときめきがすごい!」「うれしい! うれしい!」「みんな、ありがとう!」と感激。客席に向かって大きく手を振って感謝を伝えた。

 「滝沢歌舞伎」は2006年から続く舞台シリーズで、昨年「滝沢歌舞伎ZERO」として新たに生まれ変わり、Snow Manが座長を務めた。今回が初の映画化で、舞台でも人気を誇る桜吹雪の演出や、腹筋太鼓、時代劇で演じる「鼠小僧」といった演目のほか、映画だけで描かれる新たなシーンもある。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る