君と世界が終わる日に:竹内涼真主演の1月ドラマはゾンビ作品! 中条あやみと終末世界でサバイバル

2021年1月スタートの連続ドラマ「君と世界が終わる日に」のポスタービジュアル=日本テレビ提供
1 / 3
2021年1月スタートの連続ドラマ「君と世界が終わる日に」のポスタービジュアル=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演で2021年1月期に放送される連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の特報映像が12月8日、公開された。特報映像で、ドラマで描かれる“世界の終わり”の原因が、ゾンビであることが明らかになった。

 特報映像には、主人公・間宮響と(竹内さん)と、響の恋人・小笠原来美(中条あやみさん)が金網越しにキスをしようとする姿に加え、ゾンビが出現した終末世界で、恐怖にかられて逃げ回る人間たちの様子が収められている。

 また、ドラマのポスタービジュアルもあわせて公開された。金網を挟んで立っている響と来美を写し出したビジュアルとともに、その2人の立ち姿を背後から写したビジュアルも公開された。後者のパターンには、ゾンビとおぼしき無数の手形も写し出されている。

 ドラマは、日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」の共同制作。自動車整備工として働く間宮響は、高校時代からの恋人で同居中の小笠原来美へのプロポーズの準備をしていた日、トンネル崩落事故に巻き込まれる。閉じ込められて4日後、命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変。誰もいない街、大破した交通網、届かない電波、街中に残された血痕と、“世界の終わり”のような極限状態になっていた。響は絶望的な状況の中で、必死に来美を捜す……というサバイバルラブストーリー。

 シーズン1は地上波で放送され、全10話で完結。来年3月からHuluでシーズン2が配信される。全6話。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事