亀梨和也:主演連ドラ「レッドアイズ」クランクイン 打撃&組み手、華麗なアクション披露

2021年1月23日から放送されるドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」のクランクインの様子=日本テレビ提供
1 / 1
2021年1月23日から放送されるドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」のクランクインの様子=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)がこのほど、クランクインした。最初の撮影は、亀梨さん演じる主人公で連続殺人鬼を追う特別捜査官の伏見響介が暴漢5人を相手にするというシーンで、亀梨さんが打撃や組み手といった華麗なアクションを披露した。

 撮影開始当初は、気温10度を下回る寒さだったが、亀梨さんと暴漢役のスタントマンは撮影を重ねるごとにヒートアップし、汗ばむほどだったという。

 亀梨さんは「今回は、KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官という役ではありますが、僕はかなり体を使っています(笑い)。撮影現場にさまざまな規制がある中で、キャスト、スタッフみんなで力を合わせてこのチームで作品を作り上げるというワクワク感の中、初日を過ごすことができました」と語っている。

 ドラマは、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBCの活躍を描くサイバークライムサスペンス。特別捜査官・伏見が、全員元犯罪者というKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。松下奈緒さん、趣里さん、シシド・カフカさん、「SixTONES」の松村北斗さん、木村祐一さんも出演する。

 2021年1月23日から放送されることも発表された。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る