恋する母たち:“杏”木村佳乃&“斉木”小泉孝太郎の別れのシーンに「もらい泣き」

ドラマ「恋する母たち」の最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 6
ドラマ「恋する母たち」の最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が12月18日、放送された。木村さん演じる杏と、小泉孝太郎さん演じる斉木が別れ話をする展開に、視聴者からは、「木村佳乃さんと小泉孝太郎さんの別れのシーンはもらい泣き」「小泉孝太郎さんの泣いてる演技よかった」などの反響があった。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲里依紗さん演じる、同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 最終回は、杏(木村さん)は、斉木(小泉さん)と幸せな結婚生活を送りながらも、小さな気持ちのすれ違いに悩んでいた。杏は斉木の考えていることが分からず、斉木は自分の感情をうまく伝えることができないでいた。そんな中、杏の働く高根不動産に慎吾(渋川清彦さん)が現れる。斉木もやって来て……という内容だった。

 杏と斉木が別れ話をする場面では、杏が「うっとうしいんでしょ? 苦しいんでしょ?」と話すと、斉木は「苦しいよ。杏が笑わなくなったことが悲しいよ。別れるしか……ないのかな」といって涙を見せて……という展開だった。

 SNSでは、「最終回で木村佳乃と小泉孝太郎すごかった」「小泉孝太郎と木村佳乃の別れのシーンが良かった」「孝太郎の言葉の足らなさと、佳乃さんの口を閉ざした時の表情が美しかった」などの感想が書き込まれた。「斉木さんと杏ちゃんの別れ話のところも最高だし、その後も最高で激泣きしています」「ラストはみんな幸せになって心じんわり」という声も上がっていた。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る