有村架純:主演ドラマ「姉ちゃんの恋人」 最終回は「みんなよく笑っています!」 林遣都「心に響く作品」

12月22日放送の「姉ちゃんの恋人」最終話のワンシーン=関西テレビ提供
1 / 8
12月22日放送の「姉ちゃんの恋人」最終話のワンシーン=関西テレビ提供

 女優の有村架純さん主演の連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)最終第9話が、12月22日に放送される。約3カ月の撮影を終えた主人公・安達桃子役の有村さんと、桃子の恋人・吉岡真人役の林遣都さんが最終回の見どころを語った。

 ドラマは、有村さんがヒロインを演じたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さん脚本のオリジナル作品。女手一つで弟3人を養う主人公・桃子が、職場で出会った真人との恋によって日常が大きく変わる……というラブ&ホームコメディー。

 有村さんは、最終話について「日常の中にある幸せをたくさんかき集めたストーリーで、“姉恋”らしい終わり方だと思います。本当に幸せな最終話になったかなと思いますし、みんなよく笑っています! それに尽きると思います。ぜひ、ご覧ください」とメッセージを送っている。

 林さんも「全キャスト・スタッフがそれぞれの役割を全うして、とても強い思いを込めて作り上げた作品です。それぞれのキャラクターが回を重ねるごとにいろんなことを乗り越えて、最終回は“心の距離が縮まった姿”、“心からの笑顔”を届けられるようにという思いで撮影に臨みました。きっと心に響く作品として締めくくっていると信じていますので、最後まで見届けていただけたらうれしいです」と語っている。

 有村さんは、撮影の3カ月間について「桃子というキャラクターが内に秘めている正義感、責任感、情熱、愛情といったいろんなパワーに励まされました。たくさん悩みもしましたが、その時間が自分自身を成長させるだろうと考えて、絶対に向き合うことはやめないと思いながら、ただひたすらに3カ月取り組ませていただきました」と振り返った。

 今年12月6日に30歳の誕生日を迎えた林さんも、同じく撮影の3カ月間について「20代最後の役であり、撮影中に誕生日を迎えたので30代最初の役にもなって、非常に思い出深い作品となりました。苦しい思いをしている人がたくさんいらっしゃる中で、周りの人を大切にする思いを持って生きていれば、きっと何か光が見えてくるのではないかという岡田さんのメッセージを受け取っていましたので、真人を通じて一人でも多くの人の力になれたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 最終話は、安達家のクリスマスパーティーへ向かう道中で男2人に絡まれ、暴力を受けながらも桃子を守り抜いた真人。2人が、安達家に到着すると、弟の和輝(高橋海人さん)、優輝(日向亘さん)、朝輝(南出凌嘉さん)、そして親友の浜野みゆき(奈緒さん)に迎え入れられる……というストーリー。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事